記事の詳細

紫外線対策って言うと夏の日差しが強くなってからっていうイメージですが、それではダメなんです!

今から始めないと間に合いません

スポンサードリンク

紫外線は「しみ・しわ」の原因だけではなく、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障(目の病気)などの発症率が高くなるのです

皮膚の免疫力を低下させ感染症になりやすいなど、健康面でも美容の観点からみても、紫外線がいかに肌によくないかということがわかります

紫外線を受けた肌は、水分量が急激に減少してしまいます

保湿ローションや保湿クリームでしっかりと水分を補うことは大切ですが、日焼けした肌にお化粧(化学物質を塗る)することはよくありません

日焼けの症状が治まるまでは我慢した方がよさそうです

そうなると今から美容のためにも健康のためにも、紫外線対策をしっかりと行ったほうがいいのです

 

紫外線の種類には3種類ある

紫外線AQ120_L

太陽からは様々な光が発せられていますが、私たちがいる地球上に降り注いているのは

赤外線・可視光線・紫外線 の3種類の太陽光です

さらに、紫外線には紫外線A(UV-A)、紫外線B(UV-B)、紫外線C(UV-C)の3種類あります

紫外線A(UV-A)

普段の生活で私たちが浴びている紫外線の約90%が紫外線Aですが、1年中降り注いでおり、雨や曇りなど関係なく降り注いでいます

紫外線の中ではもっとも害が少ないようですが、波長が長いのでお肌の真皮まで届き、肌のハリ、弾力に大切な「コラーゲン・エラスチン線維」を切断させて、シミ・シワ・たるみの原因になってしまいます

この紫外線Aでメラニンを作りだし肌の細胞を守ってくれるのですが、肌の色を黒くするのも紫外線Aなのです

有害性は弱いとはいえ浴びる量が多いと美容に悪影響なので注意が必要なのです

紫外線B(UV-B)

紫外線Bはオゾン層によって吸収されて地表には届かなかったのですが、近年オゾン層の破壊が進み地表にもわずかですが届くようになっています

波長は短く肌の表皮までしか届かないのですが、その有害性は紫外線Aの100~1000倍強いと言われており、シミ・シワ・肌の乾燥などの美容に悪影響を与えるだけではなく、免疫力の低下、皮膚癌、白内障などの病気とも深くかかわっているのです

太陽を浴びて肌(皮膚)が赤くなったり、痛くなったり、水ぶくれができるのは紫外線Bが原因で、夏場の晴天時が一番気をつけなければなりません

紫外線C(UV-C)

紫外線Cもオゾン層によって吸収されるので地表には届いていないと言われていますが、やはり近年のオゾン層の破壊が進み標高の高い山頂などでは確認されているそうです

紫外線の中で最も有害性が強いので、今後は私たちの生活している地表にも届く可能性があるかもしれないので、そうなると一番に気をつけたいのが紫外線Cなのです

 

では、この紫外線から肌を守るにはどうしたらよいのか?

やはり、毎日の紫外線対策が重要なのです

 

 

日焼け止めのSPFとPAとは?

日焼け止めを見ると、SPF・PAなど記載されていますよね

今では、基礎化粧品やファンデーションなどでも記載されてるものがたくさんあります

SPFとは

Sun Protection Factorの略で、紫外線Bを防いでくる防御係数のことで、どれだけの時間紫外線Bを防いでくるのか?というのを数字で表しているのです

日焼け止めを塗らず20分、紫外線を浴びれば日焼けする人の場合。
SPF15の日焼け止めを塗る
 ⇒「20×15=300分(5時間)」紫外線Bを防いでくれる。
SPF30の日焼け止めを塗る
 ⇒「20×30=600分(10時間)」紫外線Bを防いでくれる。

数字が大きいほど、紫外線Bを防いでくるということです

ただ人によって日焼けするまでの時間は違うので、必ず何時間防いでくれるとは言えないそうです

PAとは

Protection grade of UVAといい、紫外線Aをどれだけ防いでくれるのかを+で表示しています

PA+には4段階あります

+の表示が多いほうが紫外線Aを防いでくれるので PA++++がより防いでくれるということです

 

1年間の紫外線量

グラフを見ても分かるように紫外線は1年間を通して降り注いでいるのです

11月頃から弱まっていきますが、2月、3月と強くなっているのがわかります

12月は一番弱いのですが、雪の多い地方などでは雪の照り返しなどで日焼けすることもあるので気をつけなければいけません

もちろん雨や曇りの時でも紫外線Aは降り注いでいますし、水の中でも紫外線は届いているのです

スポンサードリンク

 

普段の食事でも紫外線対策のケアをしましょう

紫外線対策には体の内側からケアしていくのも必要です

紫外線を浴びる事で体内の活性酸素が増えてしまい、皮膚を酸化させてしまいます

活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用のある食べ物などから摂取する栄養素で、ある程度の紫外線からの影響を軽減することができます

ビタミンC ➡ブロッコリー、カリフラワー、いちご、赤ピーマンなど

ビタミンE ➡アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、西洋かぼちゃなど

βカロチン ➡ほうれん草、小松菜、春菊、緑色の野菜など

ビタミンB2 ➡あさり、納豆など

まとめ

     

紫外線は1年中降り注いでいますので、毎日のケアが重要なのはわかりましたね

子供の頃に浴びた紫外線は大人になってから影響が出てくるそうです

小さなお子様のいる方は今のうちから紫外線対策を行うことをおすすめします

ちなみに、家の中にいても窓ガラスを透過して紫外線を浴びてしまうそうです

今はいろんなタイプの日焼け止めが出ています

クリーム状、ジェル状、スプレータイプ、化粧品類の中にも入っています

上手く組み合わせて、今から紫外線対策をしましょう

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る