記事の詳細

ケイ素とは体に必要なミネラルの1つで、とても重要な役割を果たす栄養素です。

不足すると様々な体の不調の原因になる事がわかりました。

骨、アキレス腱、歯、爪、血管などに多く含まれるケイ素が不足すると「爪が割れる」「髪が抜けやすい」「皮膚がたるむ」などの症状の他に、静脈瘤、動脈硬化、心筋梗塞、血行不良による偏頭痛や肩こり、腰痛そして、腸内環境の悪化など様々な病気の原因になってしまいます。

スポンサードリンク

1日に必要なケイ素の量は?

コラーゲンとの密接に関係するケイ素は1日に10~40mg程度消費されるので、同程度の40mg必要だ、と言われています。

ちなみに、食品中のケイ素含有量は食品100g中で見ると、

多いものだと、大麦233mg、からす麦595mg、きび500mg、じゃがいも200mg、こむぎ158mg、

その他は、精白米0.5mg、人参5mg、かぼちゃ7mg、とうもろこし19mg、サラダ菜7mg、りんご1mg、なし1.5mg、いちご6mg、赤カブ21mg、アスパラガス18mg。

日常的に食べる食品の中からも、なるべく珪素を多く含む食品を摂取することが、健康維持には欠かせません。

ケイ素が多く含まれている食品の代表的なものとしては、穀物がダントツですね。ただし、精白米は大幅にケイ素が少なくなりますので、雑穀米や玄米など、精米していないものを摂る必要があります。

しかし、ケイ素は一般的なミネラルと同様に、体内では吸収されにくい特徴があります。

そこで、ある程度の年齢以上になると、足りないケイ素をサプリメントとして、摂取することも必要になってくるのです。

スポンサードリンク

 

 ケイ素の効果

ケイ素は食品や水から摂取しないと体に吸収されないのですが、ケイ素を体の中に吸収する力は年齢とともに低下していってしまいます。しかも、食品から摂取しようとしても吸収されにくいミネラルの一種です。

ケイ素を上手に摂り入れたらどのような効果があるでしょうか。

◆血管を健康にし、代謝を良くする

血管を健康にして新陳代謝を良くすることにより、体温を上げ、悪玉菌を減らすことで栄養素を吸収しやすくします。

◆約60種類の必要栄養素を摂取する

栄養素を吸収しやすくなった体にして、自然治癒力を活性化させる約60種類の必要栄養素を満遍なく摂取し、それを余すところなく体に吸収します。きれいになった血管は栄養素を吸収しやすくなるのです。

◆新陳代謝を使い、悪い物質を排出する

健康になった血管は血管内が綺麗になり、血液が通りやすくなります。新陳代謝がよくなると、いらない物質を排出しやすくなります。これより、体内に蓄積された悪い科学物質などを排出し、より健康な体を持つことができます。

まとめ

ケイ素は穀物類や野菜などに多く含まれる栄養素ですが、普段の食事で十分に摂取するのは大変です。なぜなら、ミネラルと同様に、体内では吸収されにくいという特徴があります。
では、健康を維持するためには、どのように日常生活で摂り入れていけばいいのでしょうか?
それは、ケイ素の水や、サプリメントなどで簡単に摂取することが可能です。
今はいろんなサプリやミネラルウォーターがありますので、色々探してみたいですね。

ケイ素は爪や髪の毛、肌にも良い!ケイ素が不足するとどうなるの?

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る