記事の詳細

世界で最もセクシーな下着ブランドとして注目を集めている、「ヴィクトリア・シークレット」は契約モデル達も注目の的になってますね

「ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズ」の豪華でセクシーな下着ショーでは、ランウェイにセクシーなランジェリー姿で登場する、モデルたちの完璧なボディラインにも注目が集まります

しかし、ショーのセクシーなランジェリーは、普段使うにはなかなか手が出せなかったりしますが、「ヴィクトリアズ・シークレット」のバレンタインコレクションなら、セクシーにキュートに身につけることができると思います

 

ヴィクトリアズ・シークレットとは?

スクリーンショット (207)

1977年にアメリカ・サンフランシスコで設立されました

その後、1982年にアメリカのリミテッド・ブランズ社の傘下に入り、アメリカ国内では900あまりの小売店があるが、カタログ通販が主流となっています

1990年代に、スーパーモデルを起用したランジェリー・ファッションショーで有名になりました

このショーをきっかけになったトップモデルの中には、タイラ・バンクス、レティシア・カスタ、ハイジ・クラムなどがいます

今では、契約モデルの中でも人気のあるモデルたちは、「ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズ」として同ブランドのスポークウーマンとして活動していますね

左から:タイラ・バンクス(現在41歳)1998~2005年エンジェルズ活動

中央:レティシア・カスタ(現在36歳)1998~2000年エンジェルズ活動

右:ハイジ・クラム(現在41歳)

スポンサードリンク

 

2014年のヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズ

 _1_rect490

左:アドレアナ・リマ(2000~)

  •    33歳ブラジル出身のリマーは日本人の血も交じっている混血です 身長178㎝
  • 右:アレッサンドラ・アンブロジオ(2004~)3
  •    3歳ブラジル出身リマの事を姉的存在として慕っている 身長178㎝

 

  • 左:ドウツェン・クロース(2008~)
  •    30歳オランダ出身世界のスーパーモデルで最も稼ぐ14位に選ばれた 身長178㎝
  • 右:キャンディス・スワンポール(2009~)
  •    26歳南アフリカ共和国出身『ヴォ―グ』や『エル』などの雑誌の表紙への登場 身長175㎝

 

  • 左:リンジー・エリンソン(2009~)
  •    28歳アメリカ出身2011年に同ブランドのブラジャー『ゴージャス』の広告塔に抜擢 身長180㎝
  • 右:ベハティ・プリンスルー(2009~)
  •    25歳ナミビア・グルートフォンテイン出身16歳にスカウトされた 身長178㎝

  • カーリー・クロス(2013~)
  •    22歳アメリカ出身Vogue Paris2000年代のトップ30・モデルの一人にカーリー・クロスを選んだ 身長185㎝

 

NEW バレンタインコレクション

「ヴィクトリアズ・シークレット」のバレンタインコレクションから新作をいくつかピックアップしました

もうすぐバレンタインデーもありますので、彼との甘い時間に「ヴィクトリアズ・シークレット」のバレンタインコレクションを身にまとったら、楽しい時間を過ごせそうですね

セクシー限定版のプッシュアップブラ&ひもパンティ

カラーはピンクとクロの2色です パンティはサイドのひもが2本になっててとてもかわいいです

セクシーカットアウトのプッシュアップブラ&ストラップ付きひもパンティ

カラーはレッドとブラウン、グリーンの3色です パンティはひもがセクシーなデザインですね

コレクションには他にもセクシーなランジェリーがたくさんあります

ヴィクトリアズ・シークレット Victoria’s Secret のオンラインショップで購入できます

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズのモデルたち、普段から食生活で美を意識していたり、ボディ作りもプロなんですよね

彼女たちのようなボディを作るのは難しいですが、こんなにセクシーでキュートな下着は普段から身につけたいですよね

とくに、特別な日のために「ヴィクトリアズ・シークレット」のセクシーなランジェリーを持ってみてはいかがですか

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る