記事の詳細

観月ありささん(38)と青山光司氏(42)は電撃結婚で話題となっています。

年商150億円といわれる建築関連の会社社長で、高級外車を多数所有しフェラーリ王子と呼ばれる超セレブ青山氏の母:るみさんが、前妻の上原さくらさんと観月ありささんの違いを明らかにしました。

スポンサードリンク

青山氏の母に認められた観月ありさ

mizuki-arisa1

青山氏の母が初めて観月さんに会ったのは東京だったそうです。

母は観月さんのことを昔からテレビや雑誌でよく見ており、ずっとファンだったそうです!だから、初めて会った時にはポ~っと舞い上がってしまい、何を話したのかあまり覚えていなかったといいます。しかし、ニコニコしていて、よく気がつく方だなと感じたそうです。

もちろん、お母さんは観月さんのファンだったので、息子にはもったいないぐらい素晴らしい女性だと思っているのです。

また、ほぼ化粧していないくらいの素顔だった観月さんは、キレイだしスタイルいいしと合格も何も完璧な嫁のようですね!

お母さんは、夫婦が互いに仕事をしていると、相手への気遣いがなければケンカになると思うと、でも互いに尊敬し合っていたら相手に無理を言ったりしないはず。どちらかが遅く帰ってきても許せると思うんですよ!と・・・。

二人に対して、お互いを思いやり認め合える夫婦だと感じているんですね。

また、青山さんもお母さんに観月さんのことを、『しっかりした女性で尊敬できる。仕事に対して真摯に取り組む姿に惹かれた』と紹介しているのです。

 

しかし、仕事を持っていたのは、前妻の上原さんも同じですが、観月さんとの違いは何だったのでしょう??

スポンサードリンク

 

前妻と観月さんの違い

青山氏と上原さくらさん(38)は2013年4月に離婚しましたが、そこに至るまでの泥沼騒動は記憶に新しいですね。

当時、「素人のあなたにはわからない」と上原さんに言われたことを取材で明かしていた青山氏は、芸能人との価値観の違いを痛感していたはずです。それなのに、なぜ観月さんを伴侶に選んだのでしょう?

じつは、上原さんとお母さんは一度もあったことがなかったそうです!!

驚きですね!!

結婚するときにも、紹介も何もなかったようですね。

しかも、会ったことがないだけではなく、話しをしたこともないのです。

青山氏が紹介するのをためらったのか、それとも上原さんが会うのを拒んだのか・・・。

観月さんと上原さんの違いを比べるも何も、息子の嫁だったのに一度も話したことがないのですから、それだけで大きな違いですよね!

お母さんにとっては息子の嫁を紹介してもらっていないのですから、嫁として認めていなかったでしょう。

 

お母さんにとっては、ファンだった観月さんが息子の嫁になって、喜んでいるのです。

何よりも、初めて会った時の、観月さんの印象は息子の嫁にするにはもったいないくらい、素敵な女性だったのです。

お母さんにも認められた、観月さんと青山氏の結婚は、周りのいろんな反対などもあるのかもしれませんが、家族からは祝福されているのです。

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る