記事の詳細

ディズニーの実写版『シンデレラ』の日本語吹き替え版で、シンデレラの声を務める高畑充希と王子役の城田優が、ディズニーの名­曲「夢はひそかに (Duet version)」を歌うことが決まりました。

全世界で日本だけのデュエットソングが完成したのです!

シンデレラ役と王子役のキャストがデュエットして歌うのは、世界各国で日本だけなんだそうです。

スポンサードリンク

 

全世界で日本だけのデュエットソング

ミュージカルなどでも、その歌唱力で高い評価を得ている高畑さんと城田さんだけに、シンデレラの世界観を表現す­る美しい掛け合いが期待されます。

この­特別な試みについて、高畑さんと城田さんは

「ファンタジックで美しいメロディーを、男­性の声と女性の声でときめくハーモニーにしたいです。世界で唯一のデュエットなので、­日本のバージョンいいね!、と世界に言ってもらえるようなふたりのハーモニーを届けた­いです!ぜひみなさんも歌って下さい!」と世界へのアピールを意気込みました。

ワルツの夢心地なメロディーに合わせた、誰もが口ずさみやすい歌詞の中には、“たとえ辛いことがあっても、勇気をもって信じていれば愛する人に出会える”という、シンデレラの前向きで純粋な心情と、愛する人を一途に想う王子の優しさが込められています。

「愛を信じてる」というフレーズは、運命の人を待ち焦がれる2人の心情を綴ったデュエットバージョンならではないでしょうか。
 

シンデレラ公開と一緒にアナ雪の短編映画も上映

シンデレラの上映と一緒に話題になっているのは『アナと雪の女王』の短編映画です。

「Let It Go」を始め、一度聴いたら耳から離れないまるで魔法のような名曲は、ディズニー作品にとって何より欠かせないものです。

短編映画では前作のその後を描いた作品で、エルサとクリストフがアナのために誕生日パーティーをするお話になっています。

アナでも新キャラクターだけでなく新曲を披露しています。

同時上映の「シンデレラ」と「アナと雪の女王の短編映画」楽しみですね。

スポンサードリンク

 

最後に

世代を超えて愛されてきたディズニーのラブソングは、これまでも数々のキャラクターの心情を歌詞とメロディーにのせ、観客を自然と魅力的な世界へと引き込んできました。
そんなディズニー音楽の中でも、老若男女問わず、長年に渡り愛され続けてきた楽曲が『シンデレラ』の「夢はひそかに」です。

その名曲が日本版エンドソング「夢はひそかに(Duet version)」として新しく誕生。シンデレラと王子のキャストがデュエットで歌うのは、世界でも日本だけの試みとなります。

『シンデレラ』は4月25日(土)より全国にて公開。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る