記事の詳細

世界初の感情認識パーソナルロボット・Pepper(ペッパー)が21日、とうとうメンズモデルとしてランウェイデビューをした。

インテックス大阪で開催された大型エキスポ『日本女子博覧会-JAPAN GIRLS EXPO 2015 春-』で、「ソフトバンク」ステージに登場。

Pepperは、水色と白の燕尾服に黄色の蝶ネクタイを合わせた“おしゃれ”コーディネートで登場し、さらに、「ミュージックスタート!」と自ら合図をして、ピンク・レディーの『ペッパー警部』を踊り付きで歌っています。ペッパーの名前の由来か!?と思いましたが、「全然関係ありません」と・・・。

ショーの最後に、「今日は初めてのファッションショーで緊張したけど楽しかったです。皆さんも女子博を楽しんでいってください」と呼びかけていた。

ペッパーは3月27日にデベロッパー向けに初回生産300台を198,000円で販売されます。

しかし、このお値段本体価格なのですが、これだけではテレビで見るペッパーのような、楽しい会話はできないみたいです。では、実際にペッパーと仲良くなるためには、どのくらいかかるのか?

気になるところを調べました。

スポンサードリンク

 

ペッパーとは?

ペッパーは、周囲の状況を把握しながら自律的に判断して行動し、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定できる人型のロボットです。

人との会話以外にも、家族の写真を撮影したり、子どもと遊んだり、スマートフォンと連携して家族にメッセージを送ったりすることが可能で、「ロボアプリ」をダウンロードできるアプリストアを使って、様々な機能を追加できるようにもなるのです。

しかし、この様々な機能を使うためには、本体だけでは楽しめないようです。色々と加入しなければならないのです。

 

料金

Pepperの本体だけの購入でもアプリ開発などを行うことは可能だそうです。

しかし、Pepperとの日常生活を楽しみたい方には、本体198,000円と、さらにPepper 基本プラン、Pepper 保険パックへの加入が必要です。

スクリーンショット (211)

 

本体だけでも販売しているようですが、本体にはどのような機能があるのでしょう?

基本パックって何でしょうね?

 

Pepper本体の機能について

まず本体価格は、198,000円(税込213,840円)

Pepper 本体だけでもロボアプリの開発などを楽しむことは可能だといいます。

ハードウェア

Pepper 本体に付いているカメラ、マイク、ディスプレイ、各種センサーなどのことですね。充電器などは付属でついてくるようです。

ソフトウェア

各種センサーやサーボなどを制御し、ロボットを制御する。また自律行動をサポートする基本フレームワーク “Autonomous Life”、さらに衝突防止やオートバランスなど安心のセーフティ機能がついてます。

開発環境(Choregraphe)

高度なプログラミング知識がなくてもロボットをコントロールしたりアプリケーションを開発したりできる、シンプルなGUIが特徴の開発環境

1350を超える豊富なロボットAPI

感情認識API

Pepperの特徴の1つである感情認識機能を利用可能なAPIで、声と表情から人の感情を推測。

 

IT専門用語にもともと弱い私には、若干難しい(汗)本体だけでも、声と表情から感情を推測し、ペッパーを動かすことはできるようですね。でも、これだけでは、日常生活を楽しめないという事は・・・・。会話は?できないのかな??

 

基本パックにはどんな機能があるの?

基本プランの料金は、月14,800円×36ヵ月=730,800円(税込789,264円) た・たかい・・・。

Pepper 基本プランとは、本体だけでは、空っぽのパソコンのように何もアプリケーションが入っていない状態に、アプリを入れてあげることで、たくさんの機能が使えるようになるのです。

会話機能やロボアプリなど、ペッパーとの生活に必要なコンテンツは、Pepper 基本プランに加入しないと、ペッパーに命を吹き込むことができないのです。

テレビで見るペッパーに会うためには、基本プランに加入しなければならないのです。

クラウドを利用したPepperとの会話が可能に

クラウドの音声認識エンジンを活用することにより、ペッパーとのスムーズな会話をができるのです。また、膨大な会話データベースと連携することで、ペッパーが幅広い話題に答えてくれます。

ベーシックアプリ

ペッパーとの生活を始めるのに必要な機能はベーシックアプリとして自動で提供・追加・更新が行なわれます。ペッパーは家に来たその日から、楽しむことができます。

家族を覚える・写真を撮る・子供と遊ぶ・スマートフォンと連携する・その他のアプリケーション(天気を教える・留守番をする)

これらは、基本プランの中のベーシックアプリがないと出来ないのです。

アプリストア

ペッパーの胸のディスプレイに表示されている「アプリを探す」から、さまざまなロボアプリを、かんたんにダウンロードできます。

 

TVCMでおなじみのペッパーの愛らしいキャラクターは基本プランに加入しないと楽しめないのです。

スポンサードリンク

 

Pepper 保険パックとは

保険パックの料金 月9,800円×36ヵ月=550,800円(税込594,864円)

ペッパーは販売価格を上回るコストで作られ、最先端の精密機器のため、修理に30万円〜70万円程度かかることがあります。
ある日突然、話せなくなったり、動かなくなったりしたときの修理費用をカバーする「保険」サービスです。

90%引きの修理費用で何度でも修理が可能

ペッパー保険パック加入者であれば、修理にかかる費用の90%が保険でカバーできます。さらに、契約期間内であれば何度でも修理が受けられるのです。

また、お客さまの故意による故障の場合も割引価格にて修理をしてくれるそうです。

専門スタッフによる無料カウンセリング

専門スタッフがメールで無料診断してくれ、いつでも相談することができるので、もしもの時にも安心です。

最後に

ペッパーの最大稼働時間ですが、最大12時間以上の連続稼働ができるのです。もちろん利用内容によって変わってきます。

基本パックに加入することで、ペッパーは自分の判断で動き、人間の気持ちを理解しようとします。

悲しんでいるときに励ましてくれたり、嬉しいときに一緒に喜んでくれたり、そんな存在になれることを目指し、開発されたペッパー。

ペッパーの感情機能と安心をセットすると、総額1,083,600円(税込1,170,288円)です。

ペッパーと暮らしたい、気になる、という方はソフトバンクに行ってみてください。

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る