記事の詳細

毎年、今年の流行ネイルは少しずつ変わっているのですが、基本のカラー&デザインなんかはあまり変わり映えしないイメージもあります

昨年秋にはべっ甲ネイルが流行って、周りの人が皆べっ甲ネイルに・・・なんてこともありました

当の本人、私もべっ甲ネイルにしていましたね

 

ではビジュ―ネイルはどうでしょうか?

毎年、ビジューネイルも流行っていますよね

では、今までのビジューとは何が違うんでしょうか?

スポンサードリンク

ネイルの基本的なデザイン

まずは、ネイルには基本のデザインがいくつもあります

この基本をアレンジしていって、毎年流行りのネイルが少しづつ変わっています。

では、基本のネイルデザインですが

カラー単色塗り(1色塗り  グラデーション  フレンチ  マーブル  タイダイ

ストライプ  ボーダー  ドット  アニマル  花柄 などが基本になってきます

この基本を組み合わせたり、カラーを変えたり、アレンジしたり、ストーンなどのパーツをのせたりすることで

ネイリストのセンスがでてきます

 

今までのビジューネイルは?

ビジュ―ネイルというとストーンをいくつも並べて宝石を散りばめたようにキラキラのデザインです

ストーンを綺麗に並べて宝石のパーツのように見せたり、不規則に流れるようにつけたり、綺麗に並べてみたり

色んなのせ方がありますが、それほど大きなパーツをのせるわけではなく、小さめのストーンをのせていることが多かったと思います

ちなみに、ストーンの色・置き場所でも、デザインが変わってしまいますね

 

Bigビジューネイルのサイズ

では、今までとはどのような違いがあるでしょうか

小さなストーンをたくさん並べていたビジュ―ネイルから、大きな粒のストーンを置くBigビジューネイルに変わってきています

もちろん昨年もBigビジューは浸透していたのですが

でもBIGといっても、どのくらい大きいんでしょうね

スワロフスキーの一般的なサイズは、1㎜~5㎜位で高さも1㎜~2㎜位が多く使われます

そして、あまり凹凸がある物は苦手という方も多いと思います

Bigストーンになると、0.8㎜以上の大きな半円形や球体に近いパーツ、スワロフスキーのVカットと呼ばれる立体的なパーツで、爪の幅からはみ出るくらい大きいパーツもあります

 

今、人気なのはパール

 

昨年は、アクセサリーや洋服の飾りでも、ストーンやパールをよく見かけました

それと同じようにネイルでもパールの人気は広がっていますが、以前のパールパーツは日常の生活によって表面の加工が剥がれてきて、色や質感が変わってしまう事も多々あったのですが

新しく発売されているパールのパーツはこの加工が取れにくいものがあるそうです

また、コットンパールもネイルでも使われます

ネイル用のストーンだと、半円形が多いのでもっとふくらみが欲しい場合は、手芸やにある球体のビーズを使ったりするのがいいでしょうね

スポンサードリンク

 

色々なBigビジューネイルを見てみる

シンプルなベージュのグラデーションにVカットのストーン

 

濃紺の一色塗にパールストーン(半円)を一粒オン

 

一本一本カラーを変えたネイルに球体のパール

 

 

まとめ

シンプルなネイルを集めてみましたが、カラーやデザインはシンプルでも、ストーンやパールの存在感が大きいのでゴージャスになります

正直、私はでかいパーツはジャマになりそうだし、重そうな感じがしてしたことはないのですが

1本だけならちょっと試してみたいと思いませんか

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る