記事の詳細

横浜と言えば、中華街や赤レンガ倉庫、みなとみらいなど観光名所がたくさんありますが、2013年の8月にオープンした、大自然を丸ごと体感できるミュージアムオービィ(Orbi)横浜をのぞいてみましょう!

こちらのミュージアムは、高い技術力を持ち誰もが知っているセガと、地球の神秘などを映像で捉えてきたBBC EARTHの2社による共同プロジェクトで実現されたミュージアムです

オービィがどのようなミュージアムになっているのか見ていきましょう!

スポンサードリンク

横浜の新スポットOrbi

オービィでは大自然を全身で感じることができ、なかなか見ることのできない世界遺産を見ることができるのです

エキシビジョンゾーン

大きなスクリーンに映し出されるのは等身大の動物達で、それぞれの生態も観察できます

また違うスクリーンでは湾曲になっており空からとった映像で仮想飛行体験もできるそうです

地球の見ることができない裏側や海中の中などもあり、日本にいながら世界のいろんなところを旅しているかのような体験ができますね

また、お子様と行っても楽しめる、巨大カマキリやテントウムシと遊べるキッズルームもあります

シアター23.4

こちらでは大きな幅40m×高さ8mのメインスクリーンに、後方の左右には幅5.3m×高さ3mのリアスクリーンがあります。

音響や演出効果によって、風邪や霧、振動、匂いまでも体感できるとは、まさに行った事のない世界を体感できるミュージアムですね

シアターの上映は2本で

マジックオブイエローストーン

北アメリカにあるロッキー山脈に位置する世界で最初の国利公園がイエローストーンは、地球の進化の歴史を観察・研究ができる場所です

ここに住む野生動物たちの生態と、標高2500メートルの大自然の春から冬にかけての神秘を体験できます

ナレーターは、速水もこみちがしているそうなので、そのナレーターを聞くのも楽しみですね

ザ・ミーアキャット

ここでは、その名の通りミーアキャットの生態を見ることができます

アフリカ南部のカラハリ砂漠

ミーヤキャットは家族全員で子供を守り生活しているそうです。

テレビで見ていた映像だけではなく、長年生態観察を行ってきて分かったことなどを、一家族のミーヤキャットの赤ちゃんが一人前になるまでをこちらのシアターで見ることができます

こちらのナレーターは梶裕貴がしているそうです

 

と、そろそろハンバーガーを探してみましょう

ブルーバーガーで地球を感じ取りましょう

 

オービィのカフェにあるメニューになりますが、なんと数量限定メニューのようなので行った際には早めに食べに行くのがいいかもしれません

名前の通り見た目がブルーです

結構、奇抜な色のブルーバーガー(470円)ですが、スピルリナという藻から色素を取り出してブルーの色になっているそうなので安心して食べることができます

スピルリナは最古の植物ともいわれて栄養豊富な緑色の藻だそうです

青いバンズにはアフリカ大陸が描かれており、中には甘辛ソースのチキン竜田が入っているオービィの名物バーガーをぜひ堪能したいですね

こちらのカフェでもう一つの楽しみは速水もこみちプロデュースのMOKOカフェめしもあります

ぱりぱりチキンのワンプレートでルイボスティー(1500円)がついていて、期間・数量限定となっています

スポンサードリンク

 

オービィへのアクセス

MARK IS みなとみらい5F    TEL:045-319-6543

電車でのアクセス

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結

JR 京浜東北・根岸線「桜木町駅」から、「動く歩道」を利用し、徒歩 8分

車でのアクセス

首都高速横羽線みなとみらいランプより約1分

営業時間

開館時間:10:00~23:00(最終入館:21:00)

休館日:2015年2月26日(木)

 

まとめ

色々と楽しめるところはありますので、是非1度を足を運んでみてください

室内のミュージアムなので寒い時期でも雨が降っていても楽しめます

また駅から直結なのでとても行きやすいですね

お子様・彼氏彼女と友だちと子供から大人まで楽しめるオービィ横浜、新スポットで世界の神秘に触れてきませんか

料金は

幼児(4歳以下)500円

小人(小・中学生)1,300円

大人(高校生以上)2,600円

シニア(60歳以上)2,000円

その他に期間限定のナイトチケットや年間パスポートもあります

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

   芸能人の 離婚!

高畑充希の演技力と歌唱力は評価が高い!今の彼氏は?

前田けゑ 嘘のようなホントの話 「15億円相続!」

ダルビッシュ有の兄弟。dark翔・ダルビッシュ賢太

カテゴリー

ページ上部へ戻る